読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行間をよむ

名前に価値があるのではない。言葉に価値があるのではない。

きゅんきゅんしたい貴方におすすめの恋愛小説を6冊紹介するよ

 

ああ、恋がしたい!キュンキュンしたい!ときめきが足りないいい

 

と、皆さんの心の声が手に取るように聞こえてきます。
どうも、あやんぬです。

正直なところ申し上げますと、わたくし、べた甘な恋愛小説が大好物、ではありません。むしろ苦手..? ですが今回は、そんな私でも

あぁ、恋愛ってなんて素晴らしいんだろう
 

と思える恋愛小説を6冊、紹介したいと思います。

ではさっそくいってみましょう。

 

 

陽だまりの彼女

 

陽だまりの彼女 (新潮文庫)

陽だまりの彼女 (新潮文庫)

 

 

「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」

と謳った書店のパネルが話題になったり、

啓文堂書店「2011年 おすすめ文庫大賞」1位にも輝いたこの作品。

2013年に映画化もされてますよね。

 

もしも中学生の頃に淡い想いを寄せていた異性に再開したら?
その相手がとびきり素敵な大人になっていたら?しかも自分を慕ってくれているとしたら?
そりゃもう、運命の相手だと思わずにはいられないだろう。(本文より)

 

べた甘な恋愛ものなんだけど、あっさりしていてなんだか読みやすい。
恋愛小説にありがちなギスギス、ベタベタみたいな感じがないんです。さわやかです。

ただの恋愛小説なだけではなく、ミステリー要素が散りばめられているので、先が気になって読まずにはいられない!

べた甘な会話の中に伏線がいっぱいあって、侮れないのです。

 

恋愛小説をあまり読まない、という人にこそお薦めしたい一冊です。

 

 

ミミズクと夜の王

 

 

お次は、 第13回電撃小説大賞受賞作である「ミミズクと夜の王」。
普段ラノベをあまり読んだりしないし、ファンタジーものも苦手。

そんな私に、友だちが貸してくれたのがこの本。
あんまり興味ないけどせっかくだから、と重い腰をあげてよんでみたら・・・

ちょうぜつ面白かった。んですよ。今までラノベなめてました、すいません。
わが友よ、ありがとう。

まさに"大人のための童話"。

キュンキュンすること間違いなしです!

ちなみに、続編の毒吐姫と星の石<ミミズクと夜の王> (電撃文庫)もおすすめです。

 

こころ

 

こころ

こころ

 

 はい、どーん。

ここにきてでまさかの純・文・学!

 

高校の教科書でちらっとやったはず。覚えてます?
そもそも、これは恋愛小説ではない、のかもしれない。

 

ではなぜ、この作品をおすすめするのか?
それはもちろん、きゅんきゅんできるからっ!

これを読んだあなたはきっと、、、

先生萌ええええ


と、なることでしょう。⚠個人差があります。

  

世の中に、ダメ男がすきな女の人って案外多いと思うんですよね。
母性本能をくすぐられるといいますか、、ほっとけないといいますか。

この本にでてくる「先生」というキャラクターがまさにそれ。 

諦めたような、陰のあるところ、とか優しさが垣間見える瞬間、とか本当は愛されたいと思ってるのに素直になれないところとか..etc.

なんていうかもうね、色っぽいんです。母性本能くすぐられまくりです。
 

そんな「先生」にきゅんきゅんしたい!という方におすすめです。 

 男女問わず楽しめる

この本では"恋する男たちの苦悩"が、描かれています。
なので、あぁーその気持ち分かるわかるわかrと、男の人でも楽しめる小説だと思います。

強がってるけど、繊細で傷つきやすい男心…萌えますね。


それに、「こころ」は恋とか云々の前にストーリーとして凄く面白いし、とっても読みやすいです。 

時代が違うから、理解できない部分があったりもするけれど、それでもなんだかか、身近に感じるというか。不思議な魅力があります。違うんだけど、分かる、その気持ちは理解できる。みたいな。

言葉にできないもやもやって誰にでもあると思うんですね。
その形にならないもやもやを言葉という形にして、物語にしたのが「こころ」なのでは、と思ってみたり。

 

私にとって「こころ」は、きゅんきゅんする本であると同時に、自分の内側を見つめるきっかけを与えてくれた本でもあります。

 

ついでにこの本を読んでみて、先生がすき!!と感じた人は、私の男 (文春文庫)も気に入ってもらえると思います。

ぜひそちらも、読んでみてください。

 

私の男 (文春文庫)

私の男 (文春文庫)

 

 

 

 

 椿姫

 

椿姫 (新潮文庫)

椿姫 (新潮文庫)

 

 

「椿姫」は、素直で真面目な青年と、高級娼婦の愛を描いた物語。
といっても、全然嫌らしい話じゃないから心配しないで大丈夫ですよ!

 

物語はもちろん素晴らしいんですが、なんといってもヒロインが魅力的なんです。

その花を愛するゆえに"椿姫"と呼ばれる、貴婦人のように上品な、美貌の娼婦マルグリット・ゴーティエ 

 

何考えてるか分かんないくらいぶっとんでて、色っぽくて、周りの人を振り回して、だけど、どこかに暗い影がある。

・・・最高じゃないですか? はつ恋 (新潮文庫)のジナイーダとかね。

 これが恋なのだ、これが情熱というものなのだ、これが身も心も捧げ尽くすということなのだ。  (「初恋」本文より)

 

「椿姫」は、宝石みたいにきらきらしていて、綺麗なだけじゃなくて尖ってる、「」というより「」という言葉がよく似合う、そんなおはなし。ドロドロしてるのにプラトニックという矛盾。すてき。
 

まさに王道、the 恋愛小説!!って感じ。

 
だけど、ただの恋愛小説ではでなく、社会問題や差別、モラルといった身近な問題についても考えさせられる、とっても奥の深い作品なのです。

 

ちなみにめっちゃ泣けます。ハンカチ必須です。

 

 

 

 

以上、きゅんきゅんしたい貴方におすすめの恋愛小説でしたー