行間をよむ

名前に価値があるのではない。言葉に価値があるのではない。

悲しみよ こんにちは

私がサガンを知ったのは、映画から。

なんとなく、表紙に惹かれて「サガン 悲しみよこんにちは」をみたのがはじまり。


映画は18歳で処女作である「悲しみよこんにちは」が大ベストセラーとなったサガンの伝記映画。
おしゃれな街並みや、その世界観、そして退廃的なストーリーにすっかり虜になってしまった私は彼女の本が読みたくなった。

そして「悲しみよこんにちは」を読んだ結果、映画と同様大好きになりました。

本を読んだ感想は、彼女はきっと孤独な人だったんだろうということ。

齢18歳ながら、思春期の少女の繊細で、残酷で、不安定な心模様を、こんなにも上手く書けるこの人は、同世代の女の子たちを少し遠くの方、というか客観的?に見ていたのではないだろうか。

きっと理解してくれる人も少なくて、自分の居場所を探してたんじゃないかな。

少し切ないきもちになった。

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

悲しみよこんにちは (新潮文庫)