行間をよむ

名前に価値があるのではない。言葉に価値があるのではない。

怒らない人になる方法。

f:id:Theskyisthelimit:20170302193842j:plain

怒りというのははたして、必要な感情なのだろうか。

怒りを感じてプラスになることはほとんどない、というよりむしろマイナスなことばかりな気がする。怒りっぽい人って人生損してない?

”怒り”の正体とは

わたしは怒る=思考停止だとおもってる。人は、考えることを放棄する代わりに怒るんじゃないでしょうか。 自分のことを棚に上げ誰かに責任をおしつけることで自分から目をそらしている。

だけど原因は自分にはない、悪いのはむこうだと思ってしまうと、それ以上成長することはできない。

怒りを感じたら「どうしてわたしは今怒っているのだろう?」と考えてみるといい。

だって、怒りというのはたいてい偽物だから。

むかつく、腹立たしい、気に食わない、そういった感情の下に隠れている感情を探してみることが大切なのだ。

期待していたのに裏切られて”悲しい”

自尊心を傷つけられて”恥ずかしい”

分かってもらえなくて”さみしい”

いがいと、そんな感情が隠れてたりする。

 

多くの人は自分と深く向き合おうとしない。

本当の自分を知ることが怖いのだろうか。

自分と向き合うことから逃げるため、人は怒ります。だけど残念ながらそんなことをしてもあまり意味はない。永遠に続く追いかけっこみたいなもので、逃げているかぎりずっと追いかけてくる。

 

f:id:Theskyisthelimit:20170313212248j:plain

 

でも不思議なもので、逃げることをやめさえすれば怒りは消える。

あまりにもあっけなく、跡形もなく消えたりする。

怒りを感じたときに自分をみつめる、というのをクセにしているとだんだん怒りという感情そのものを感じなくなってくる。そして今まで怒りに隠れていた感情をダイレクトに感じるようになります。

いつも相手ではなく自分に焦点をあてるようにしていると怒りという感情自体、無駄なものだと思うようになってきたりする。なんてったって生産性がないしね。

 

怒りは不安の裏返し。

怒りというのは、自分を守るために発生する感情なんだとおもう。動物でいう威嚇的な。

怒りっぽい人というのは、傷つけられることを極度に恐れ、いつも周囲を警戒している人間なのだ。

でもそれって間違ってるよ。

だって、だれも自分を傷つけることはできないから。絶対にね。

自分を傷つけることができるのはこの世でただひとり、自分だけだ。傷つけられることを甘んじて受け入れているのは他でもない、その人自身なのだ。

「だれもわたしを傷つけることはできない。」


ただそのことに気づきさえすれば自分を守る必要はなくなり、怒りという感情は必要なくなる。