読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行間をよむ

名前に価値があるのではない。言葉に価値があるのではない。

カラコンしてるほうがかわいいって思ってる?

f:id:Theskyisthelimit:20170302193837j:plain

 

カラーコンタクト、それは魔法の道具。

つけるだけで三割増。目が大きくなってかわいくなる。目の印象どぅぉーーん!!てなるよね。つけるだけで途端に今時の若者感というかギャル感的なのがでるという不思議な効用まで持ちあわせている。

 

 

女の子達は中毒性のあるカラコンを手放せない。

毎日カラコンをつけてバッチリメイクしてる子が、つい寝坊しちゃったとか、前の日飲みすぎたとかでカラコンをつけてない日には周りから「どうしたの?あんた今日顔死んでんじゃん。死んだ魚の目してるよぉ〜」と笑われることになる。教室でよく見る光景である。

そんな子に「わたしは裸眼のほうが断然いいとおもうよ!」といって褒めても、もちろん馬耳東風の如くうけながされる!

逆に、いつもは裸眼の子がついうっかりたまたまカラコンをつけてきた日には周りから「めっちゃかわいい!そっちのほうが絶対いいよ!てか毎日してきたほうがいいとおもうよ!」と褒めてるのか貶してるのかよく分からない言葉をかけられることになります。

そう、ここまで読んでくれた人にはもうお分かりだとおもうのですが、わたしはカラコンというものがあまり好きではないのです。単にお金がかかるとかメンドクさいとか、色々理由はあるんだけどなによりわたしにはいまいちカラコンの魅力が分からないのだ。

 

作られた感がすごい。

なんかカラコンをいれると途端に人間味が薄れません?

精巧に作られた人形みたいになるというか、スキがなくなりますよね。

ナチュラルさのかけらもない。

たしかに可愛くなる。だけどなんかほんとにただ可愛いだけってかんじがする。良くも悪くも完全に近づいてしまうんだとおもう。

 

f:id:Theskyisthelimit:20170302193842j:plain

 

人は不完全さに惹かれる。

かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』。

このモナ・リザの顔が実は左右非対称というのは有名な話。美術研究の分野には『モナ・リザ』の微妙な左右非対称性こそが魅力の理由という説があるらしい。

 

白目の面積は、男より女のほうが大きい。女が築く人間関係に不可欠な、近距離でのコミュニケーションにはそのほうが有利だ。というのも白目の部分が多ければそれだけ表情も豊かになるし、相手の目の動く方向を読み取ることで、多彩な信号を受け取ることができるからだ。

 

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

 

黒目が大きくなると、表情が乏しくなるから人間ぽさがなくなるらしい。ほぉ

 

matome.naver.jp

 

この写真集ほしいですね。きょうみぶかい。

 

f:id:Theskyisthelimit:20170302193847j:plain

人は完全でないから美しい。

不完全だからこそ美しいんです。

触れたら壊れそうな、そんな絶妙なバランスだからこそ目が離せなくなって、どうしようもなく惹きつけられてしまうのです。

 

結論。

女の子たちはみんなカラコンなんてつけなくていいよ!!!

そのままでじゅうぶん素敵なのにもったいないよ。

不完全だからこそ魅力的なのです。

 

まあ、そんなこと周りの友だちに言ってもいつも「は?」って言われて終わるんだけどっ!パリピこわいよおおおお